【DAIWA】テーパードワイヤー搭載!釣れるアクションの具現化した「スティーズ スピナーベイト」登場!

テーパードワイヤー搭載!釣れるアクションの具現化した「スティーズ スピナーベイト」発売開始!

f:id:basssoku:20180409190709p:plain

STEEZ SPINNER BAIT

テーパードワイヤー搭載。釣れるアクションの具現化。

とにかく使いやすく、釣れるスピナーベイトを目指し、開発。ブレードは細かく回転し、テーパードワイヤーと相まって、快適な引き心地を実現。集中してスピナーベイティングが展開できる。スカートキーパーは、大きめに設定。スカートが揺らめき、より艶めかしくアクションしてくれる。コンパクトボディは投げやすく、テンポ良くキャストしていくことが可能。フックは、トレーラーフック無しでもフッキングできるようなシャンク、ゲイプに設定。

攻守のバランスに優れた天才ストライカー

「今まで味わったことのない引き感。ブレードの回転は見た目にタイトであるにも関わらず、手元にビリビリと振動が伝わってくる」。 テスト最終段階を迎えたプロトを使い始めるや、即座に釣果を得た川村光大郎はファーストインプレッションをこう語った。 「テーパードワイヤーを介したブレードの振動が竿先に明確に伝わってくる。強過ぎはストレス、弱過ぎれば振動を感じるべく速巻きへと体が動く悪循環はそこにない。」 2017終盤の一戦、3尾のキロフィッシュをもたらし上位入賞のカギを握ったモデルに、赤羽修弥は賞賛のコメントを寄せた。 「水面下40〜60cmをキープしやすい。そして、浮き上がりにくく、潜りにくい。俺の巻きリズムで絶妙な使い心地」。 スピナーベイトマスターとして知られる橋本卓哉は好フィーリングを述べる。

三者三様のシェイクダウンでいずれも高水準をマークしたのは、シリーズ初のワイヤーベイトとなるSTEEZスピナーベイト。コンパクトフォルムに秘められたのは立ち上がりの良いブレードと独自ワイヤーによる高バランス設計。確かな振動をヘッドへと伝達して、フレアするスカートはフックを隠す絶妙な姿勢をキープ。巻きのリズムを使い手に伝え、広範囲に散った魚も呼び込める。フックは#4/0。トレーラーフックを要さず、大型バスを確実に仕留める。 リリースを待たずして完成されたストライカーと目される意欲作。迷いのないプレーが結果へと直結。まずは3/8oz.がリリースへ。 

サイズ 色数
3/8oz TW

8

3/8oz DW

8

TW